もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

消えてしまったお人形」 ヒラP21さんの声

消えてしまったお人形 作:ジーン・リチャードソン
絵:マイク・ドッド
訳:わたなべ いちえ
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,450+税
発行日:1995年
ISBN:9784900656116
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,367
みんなの声 総数 4
「消えてしまったお人形」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • カフカの優しさ

    フランツ・カフカの晩年のエピソードを基にしている絵本です。
    絵本を読みながらカフカの評伝を探して心熱くなってしまいました。
    結核に苦しんだ晩年に人を思いやるエピソードが数多く残されています。
    そんな中でこの話は、カフカがベルリンにいた時代のこと、公園で人形を失くして泣いている少女泣いている少女に「人形は旅行に出かけただけなんだよ」となぐさめ、ベルリンを去るまで毎日少女に人形からの手紙を書き続けたというエピソードに基づいています。
    カフカはベルリンを去る際に少女に人形を渡し、「旅行している間に少し様変わりした人形だ」と伝えたそうです。
    これが絵本の中ではリトルスターなのでしょうか。
    カフカの優しさとウィットに富んだ行動にうっとりです。

    絵本の中で少女の人形ロッティは世界各国を旅行してまわります。
    カフカの手紙とは違うかもしれませんが、旅行先の風景ロッティが出会ったことなどが生き生きと描かれています。
    最初読んだときには甘ったるさに少しひいてしまったのですが、カフカのことを調べでから読み直すととても深み味わいのある作品です。

    絵本も印象に残りましたが、改めてフランツ・カフカのファンになりました。

    投稿日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「消えてしまったお人形」のみんなの声を見る

「消えてしまったお人形」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / くだもの / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



学校に行きたくない…そんな気持ちのときに読みたい

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット