新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

がんばれ機関車トーマス」 はなびやさんの声

がんばれ機関車トーマス 作:ウィルバート・オードリー
絵:ウィルバート・オードリー
訳:桑原 三郎 清水 周裕
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\880
発行日:1977年
ISBN:9784591005668
評価スコア 4.58
評価ランキング 5,107
みんなの声 総数 11
「がんばれ機関車トーマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 初めての親近感

    トーマスの本を5冊借りてきた息子。この絵本だけが絵で、いつものアニメ絵本と違います。見るなり「何か変、何かあやしい」と言いました。

    アニメになれてしまうと、違和感があるのかもしれませんね。

    小さい本なのに、4話入っておりかなり分量があります。お得ですが、読み手にはちょっと覚悟が必要でしょう。

    以前アニメ絵本で読んだ「トーマスのさかなつり」が収録されていました。アニメ絵本で読んだ時には、給水塔に川からバケツで水を汲んだので魚が入ってしまったとあり、「ありえない」と思ったのですが、こちらのお話では、バケツに穴があいていたので水をくんだらすぐに引き上げて入れたとあるので、それなら「魚が入るかも」と少し納得できました。

    同じ話でも、絵とアニメでは受ける印象が違って新鮮でした。

    オードリー牧師が息子のために機関車のお話を作ったという秘話がカバーに書かれていて、それだけでもちょっと得した気分になりました。

    お父さんが、子どものために作ったお話だったということを知っただけで、おかしなものですが、トーマス絵本がぐっと身近になった気がしました。

    今まで息子が読んでいるからとしぶしぶ読んでいたトーマスシリーズに初めて親近感を持って読むことができました。

    投稿日:2007/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「がんばれ機関車トーマス」のみんなの声を見る

「がんばれ機関車トーマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えがしらみちこさんの絵本「あめふりさんぽ」 雨の日でも気分を上げる1アイテムに

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット