まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おふろだいすき」 汐見台3丁目さんの声

おふろだいすき 作:松岡 享子
絵:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1982年04月
ISBN:9784834008739
評価スコア 4.78
評価ランキング 442
みんなの声 総数 253
  • この絵本のレビューを書く
  • すてき! 夢のような話です。

    主人公の“ぼく”がお風呂に入ると、次々と色々な動物が
    登場してきます。そして....という話です。

    一言でいうとファンタジーの話ですが、
    その話の展開がものすごくテンポがよくて、スムーズで、
    しかも林明子さんの絵ととてもマッチしていて、
    文は長めですが、一気に読めます。

    次々に登場する動物の登場の仕方もとても素敵です。
    つながりがあって、センスのよさを感じます。

    子供も次には何が出てくるのだろうと、興味津々で、
    一気に引きつけられました。

    また全てのページが黄色がかったオレンジ色を使っていて
    温かみがありますよね。
    これが水色とかだったら、また印象が違ってくることでしょう。

    くじらやカバが一緒に入れちゃう風呂って、もしあったとしたら、
    どれだけ巨大なんでしょう?!

    ありえないって思いながら、でも、絵の中に納まってしまって
    いるとストーリーに真実味を思わず感じてしまいます。

    「お母さんの一声で全て消えるのが残念」と
    他の方が感想に書かれていますが、私は逆にそこが好きです。
    現実に戻る瞬間に無理がなくて。

    でも、逆に、一番最後のページの最後の文、
    「きみも、おふろがすきですか?」
    は、ちょっと不要だなあって思ってしまいます。

    この投げ掛けがない方が、ファンタジーの余韻にひたれると
    思うのは私だけでしょうか?

    絵・文も林明子さんの『こんとあき』もファンタジーで女の子が主人公
    ですが、こちらは男の子が主人公、ファンタジー続きで読むのに、
    この2冊はちょうどお薦めです。

    ちょっと長い話が大丈夫になったお子さんに、
    また、絵本を読みなれた(聞きなれた)お子さんに、
    そして、お風呂嫌いなお子さんにも!、
    是非、お手にとって読んでみて下さい。お薦めです。


    投稿日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おふろだいすき」のみんなの声を見る

「おふろだいすき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / もこ もこもこ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • おいし〜い
    おいし〜いの試し読みができます!
    おいし〜い
    作:石津 ちひろ 絵:くわざわ ゆうこ 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    おいしいものはうれしい! 累計発行部数30万部超えの人気シリーズ第2巻!


こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(253人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット