宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン」 アダムのママさんの声

ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン 作:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784591069448
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,640
みんなの声 総数 85
  • この絵本のレビューを書く
  • ルラルさんの小さい頃 受賞レビュー

    シリーズ2作目で、ルラルさんの少年時代を垣間見ることができました。

    お父さんはバイオリニストだったんですね〜

    でも、ルラルさんはお父さんのようにうまくなりたいと、いくら練習しても「ギコギコギーギー」。う、切ない。。。

    私も音楽を専攻していたので、気持ちが良く分かります。今もオーケストラでプロの音楽家になっている友人に比べると、自分には才能がないのかなぁなどと落ち込んだこともありました。

    ところが、いつもの庭にいる動物たちが、なんとも愉快な方法で、ルラルさんの奏でるバイオリンの音を楽しんでくれるのです!

    みんなのお尻がかわいくてかわいくて、お尻をクリクリさせているページを何度も眺めてしまいました。

    これからは、お手入れするだけじゃなく、バイオリンを奏でて、みんなを楽しませてくれるのではないでしょうか。

    投稿日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン」のみんなの声を見る

「ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット