ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

へんしんトンネル」 レイラさんの声

へんしんトンネル 作・絵:あきやま ただし
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年09月
ISBN:9784323033495
評価スコア 4.74
評価ランキング 860
みんなの声 総数 180
  • この絵本のレビューを書く
  • へんしんシリーズの原点

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    へんしんシリーズの原点である第1作目。
    トンネル(大きな土管のようでもありますが)をくぐると、変身する趣向。
    「かっぱ」を連呼すると「ぱかっ」と馬になってしまうのですが、
    読み方にややコツがありますので、しっかりと練習して読むのがポイントです。
    聞いている子どもたちもコツを理解したら、一緒に呼びかけてくれますよ。
    途中突っ込みどころもありますが、ご愛嬌ですね。
    第1作らしく、ラストは綺麗なフィニッシュです。
    その後の作品を知っている者にとっては、やはり洗練された印象があります。
    その後の膨大なシリーズでは、ネタが同じものもありますが、視点を変えれば全く違和感がありません。
    読み聞かせ初級者にもオススメです。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「へんしんトンネル」のみんなの声を見る

「へんしんトンネル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

としょかんライオン / おじいちゃんがおばけになったわけ / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

全ページためしよみ
年齢別絵本セット