ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

でんしゃがくるよ!」 てんぐざるさんの声

でんしゃがくるよ! 作・絵:シャーロット・ヴォーグ
訳:竹下 文子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年08月
ISBN:9784032014600
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,216
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く
  • 昔を懐かしく思い出しました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    図書館で見つけたのですが、なかなか古い絵本で、初めて開いたとき、時間のたったカビ臭いようなにおいがしたのが、すごく印象的でした。

    この絵本を見て思い出すのは自分の子供のころです。電車好きのいとこのために、夏休み、朝から手をつないで、近くの線路まで電車を見せに行きました。
    「昔はよかった」と口にしてしまうのは、自分が年をとった証拠のようで、イヤなのですが、こういう絵本を読むと、つい子どもの頃を邂逅してしまいます。
    電車が一台通りすぎることも、なんだかとても素敵なことのように思えていたあの頃が、やけに懐かしくなったりしてしまいます。
    小学校の高学年の子ども達にこの絵本を読みましたが、反応は今イチでした。出来たらもう少し年下の低学年の子どもたちか、もっとずっと大きい人たちに読んだほうが、反応があるかもしれません。

    掲載日:2008/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「でんしゃがくるよ!」のみんなの声を見る

「でんしゃがくるよ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本


ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット