クリスマスのおばけ クリスマスのおばけ クリスマスのおばけの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
クリスマスの日、おばけのこどもはどうしているのかな? おばけのこどもを思いやる女の子の、かわいくてたのしいお話。

うさぎたちのにわ」 アピストグラムさんの声

うさぎたちのにわ 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1979年
ISBN:9784769020103
評価スコア 4.41
評価ランキング 10,261
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く
  • いろいろな考え方ができるように

    レオニ作品の中では、異なる雰囲気の絵
    長老うさぎに「木の上のりんごは食べるな」と 二匹のこうさぎが 言われるところから始まります。

    フレデリックでは、アリとキリギリス
    マックマウスさんでは、カフカの変身
    この作品では、聖書のアダムとイヴの話など

    レオニは過去の様々な作品を別の視点から描きたかったのかなと思いました。過去の作品はどれも最後は悲劇のお話ですが、レオニの作品ではハッピーエンドで終わっています。
    もしかするとレオニは、子供達に否定的な話はしたくなかったのかな。とすら思いました。

    林檎を食べてしまったあとに、へびに食べられてしまうのではとハラハラしましたが
    へびに助けられるうさぎたちに心が温かくなる優しい作品です。

    毎日あれもこれも「だめだめ!」と子供に言ってしまっていますが
    親としてこの作品をよみ、子供の自主性や興味までも損なわないように気をつけたいと感じました。

    個人的には、レオニ作品は、子育てをするかたに読んでほしいと思います

    投稿日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うさぎたちのにわ」のみんなの声を見る

「うさぎたちのにわ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ / おふろだいすき / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット