宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

コーネリアス」 アダム&デヴさんの声

コーネリアス 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1983年09月
ISBN:9784769020158
評価スコア 4.51
評価ランキング 6,078
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く
  • やはり並のワニでは無かった

     切り紙とフロッタージュで 作られたレオ=レオニ 21作目の作品です。
     コーネリアスは、生まれつき立って歩けるワニでした。
     読者(人間)の視点から見れば、進歩的な愉快なワニです。
     コーネリアスに、近づかない無反応のほかのワニを嘲笑してしまいます。

     しかし、ワニの世界から観ればどうでしょう。
     コーネリアスは、仲間はずれの対象です。
     不気味と思われたかもしれない。
     仲間じゃないと拒絶されているのかもしれない。

     幸いな事に、コーネリアスは持って生まれたものをポジティブに受け止め、ワニたちに伝えています。
     この時のワニたちの反応に、羨望という感情が潜んでいたとしたら、それは、明らかにコーネリアスの特性の優位さを認めている証拠。
     悲しいかな、認めても興味を示してもらえぬコーネリアスが旅に出て出会ったのが、さる。
     さるの特技に、驚きながらも学ぼうとする、好奇心旺盛なこの姿勢。
     やはり並のワニでは無かった。

     どのような社会でも、第一人者は、すんなりと受け入れられるわけじゃない。
     疎まれようと、蔑まれようと、自分の信じた道を歩いて行くこと。
     MY WAY♪〜 ですね(笑)。
     そうすれば、おのずと人(ここではワニですか)と結果は後からついてくる。
     というようなメッセージを私なりに受け取りました。

    投稿日:2010/04/24

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「コーネリアス」のみんなの声を見る

「コーネリアス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット