虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

コーネリアス」 えっこさんの声

コーネリアス 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1983年09月
ISBN:9784769020158
評価スコア 4.51
評価ランキング 6,076
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く
  • 何度読んでも、テーマがわからないのですが

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    レオ・レオニの本には、自分一人でなにかを始めた動物や他の仲間とちょっと違う動物がよく登場します。そんな主人公は、始めは、仲間にばかにされていたり、奇異な目で見られていたりしても、仲間達を感心させるようなことを成し遂げて、仲間に認められることが多いように思います。

    このコーネリアスも、同じように、立ってあるくというワニにとっては偉業を成し遂げるわけですが、仲間には認めてもらえません。仲間のワニたちの視線のなんと冷たいこと。そんな仲間に腹をたてて、出て行ってしまう所が、今までの作品とはちょっと違うのではないでしょうか。そし、もっとすごい技を獲得して仲間の所に戻ります。このあたり、そのまま旅を続けるのかと思っていたので、ちょっと意外でした。

    そして、その技を仲間の前で披露するのですが・・・

    コーネリアスは本当は仲間と一緒に暮らしたかったのでしょうか?自分のまねをしだした、見ようによっては滑稽にも愚かにも見える仲間と一緒に。なんだか、疑問の残るお話でした。何度読んでも、疑問は消えません。読む時の自分の心理状態によっても、印象が変わってきます。

    子供は、ワニのおかしな姿に満足していましたが。

    投稿日:2004/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「コーネリアス」のみんなの声を見る

「コーネリアス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット