おばけのばあ おばけのばあ おばけのばあの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
絵本作家デビュー50周年! 待望の描き下ろしあかちゃん絵本最新作
Pocketさん 40代・ママ

おばけもいないいないばぁ!
せなけいこさんのおばけ絵本、鋭い目つき…

きつねとねずみ」 ガーリャさんの声

きつねとねずみ 作:ビターリー・V・ビアンキ
絵:山田 三郎
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年03月
ISBN:9784834000962
評価スコア 4.45
評価ランキング 8,753
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く
  • きつねのあかちゃんにも思いやり

    娘は、この本を開く前に、まず裏表紙の絵からおはなしの世界に入っていきます。木の実を3つも頭の上に積んでいる子(ねずみ)がいるとか、あの子は肩に背負って踊っているとか、お母さんにおんぶしているのは赤ちゃんだね、など、1匹1匹のねずみをよーく観察してから、ゆっくりと本をひっくり返します。穴の中でも、赤ちゃんはお母さんのおなかの上で眠っているとか、しっぽを引っ張ってる子がいるとか、逆立ちしてる子もいると、さらに観察は続きます。それだけでも、とても楽しい本です。そして、きつねのだんなが、「すてきなごちそう」に逃げられて、しょんぼりしている場面では、「きつねのあかちゃんも、おなかがすいてるんだね。きつねさんは、むしをさがしてたべればいいよ。そうすれば、おなかがいっぱいになるよ。」と、きつねのえさのことも気遣う娘。自然界のルールは厳しいけれど、他の生き物を敬い、思いやる心も培ってほしいな、と願っています。

    投稿日:2007/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「きつねとねずみ」のみんなの声を見る

「きつねとねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット