ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり」 てんぐざるさんの声

ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり 作:トミー・デ・パオラ
絵:ゆあさ ふみえ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1981年9月
ISBN:9784593501540
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,278
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • 「トロール」の特性が面白く描かれています

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    トミー・デ・パオラの作品のファンなので読ましたが、この話はかなり個性的(?)だと思います。
    ストーリーは面白いのですが、なにしろ「結婚:持参金」というテーマがタイトルからして、
    子どもたち向きではなく、笑い話というには少し重たい内容ですので、小学校などの読み聞かせやブックトークには向かないかもしれません。
    タダ、昔話っぽい作りに放っているので、1人読みするのでしたら小学校高学年くらいからでも楽しめると思います。
    どちらかというと、ストーリーの面白さを理解できるのは高校生以上の大人という気はします。

    ウチの下の子は「妖精」とか大好きなのですが、ヘルガのような妖精はもう、見た目だけで却下。
    (この話に登場する妖精は、タイトルに「トロール」と書いてある通り、ヨーロッパではどちらかというといたずら好きの妖精を指し、体のサイズも、手のひらサイズとかではなく、大きめに表現されていることが多いタイプを言っていると思いますが)
    正直、小さい子が夢見るようなかわいい妖精ではなく、むしろ魔女(?)的な感じがいかにも「トロール」で、その特性がよくにじみ出ていて面白いのすが…。
    読者の好みによって、大きく好き嫌いが分かれそうな作品でした。

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり」のみんなの声を見る

「ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット