はずかしがりやの しろうさちゃん はずかしがりやの しろうさちゃん  はずかしがりやの しろうさちゃん の試し読みができます!
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
海辺の村のおばあちゃんの家ですごす夏休みのお話。はずかしがりやのこどもの気持ちを、丁寧な絵で描いた絵本。

わたしがママのこでよかった?」 あまたろうさんの声

わたしがママのこでよかった? 作:リサ・T・バークレン
絵:ローラ・J.ブライアント
訳:湯浅 芳子
出版社:いのちのことば社
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年9月
ISBN:9784264019312
評価スコア 3.8
評価ランキング 36,997
みんなの声 総数 4
「わたしがママのこでよかった?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 決めゼリフの多用は逆効果

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子6歳

    こぐまのルルのおやすみの時間です。
    ベッドに入ってママにふとんをかけてもらったルルですが、
    まだちっとも眠くありません。
    そこで、ルルは、ママに聞きました。
    「ママ、ルルはどこからきたの?」

    一日の終わり、ゆったりと流れる時の中、
    ルルとママの会話に乗って、お話が進んでいきます。
    ルルはかみさまのところから来たということ、
    おなかにルルがいるとわかった時どれほどうれしかったか、
    ルルの誕生をパパと一緒に待ち続けたこと、
    そしていよいよルルの誕生…。
    一つ一つの事柄が、走馬灯を見るように、丁寧に温かく描かれています。
    絵がとても柔らかで、出てくる動物たちの表情がみな優しいです。

    表題の「わたしがママのこでよかった?」は、終盤に出てきます。
    少し不安そうなルルに、ママが言った言葉は…。

    外国版『あやちゃんのうまれたひ』とでもいえそうな、素敵な作品です。
    登場するのがシロクマなので、親も照れずに読めそうです。(笑)
    一点気になったのは、「かみさまがあなたをさずけてくださった」という
    言葉が何度も出てくることです。(数えてみたら、計6回!)
    訳し方にもよるのかなーとも思いますが、これだけたびたび出てくると、
    かえって逆効果では? 正直、“しつこい!”と思ってしまいました。
    素敵な絵本だけに、ここだけが残念でなりません。

    投稿日:2006/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしがママのこでよかった?」のみんなの声を見る

「わたしがママのこでよかった?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / だるまさんが / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / パパ、お月さまとって! / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ちかてつ もぐらごう』大森裕子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット