宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あかちゃん ひまわに」 えっこさんの声

あかちゃん ひまわに 作・絵:あきやま ただし
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784569683591
評価スコア 4.83
評価ランキング 140
みんなの声 総数 28
「あかちゃん ひまわに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • つぼみの姿がなんてかわいいの!

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    生まれたてのつぼみのひまわにの赤ちゃんがかわいらしくて、親子で盛り上がってしまいました。

    でも、この赤ちゃん、生まれてすぐに生命力を発揮する動物のあかちゃんとは違い、つぼみのままなんですよね。それをお父さんひまわにが開くのを手伝ってあげる姿に教えられるものがありました。

    「たびを しながら すてきな ものを いっぱい みせたら きっと はなびらを ひらいてくれる。」
    そう信じて、あせることなくじっくりゆっくり、あかちゃんひまわににつきあってあげている様子は、我が身をふりかえる反省材料です。

    はい。ごめんなさい。私はついついあせってしまいます。子供の都合を忘れがち、自分の思い込みで子供に接してしまいます。

    そして、ちゃあーーーんとひらいたひまわに赤ちゃん。お父さんの愛の力のおかげです。子育て中のお父さんへの秋山さんからの励ましのメッセージですね。おとうさんの存在って大切なんだぞ、という。

    投稿日:2004/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あかちゃん ひまわに」のみんなの声を見る

「あかちゃん ひまわに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット