宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おしゃぶりだいすきニーナちゃん」 とむままさんの声

おしゃぶりだいすきニーナちゃん 作:クリスチーヌ・ノーマン・ビールマン
絵:マリアンヌ・バルシロン
訳:山下 明生
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784333020379
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,836
みんなの声 総数 7
「おしゃぶりだいすきニーナちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • なるほどなぁ・・・

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    おしゃぶり大好きなニーナちゃん。
    そろそろやめたら??とママの声にも平気です。

    今回の本は脱おしゃぶりがテーマか!と思いながら読んでみました。

    おしゃぶりしていて困ることなんかない!
    プールでも平気だし、大きくなって仕事にも行くわ・・

    ニーナちゃんは可愛いんだけど・・しっかりしている表情が素敵で・・おしゃぶり、似合わない感じです。
    そのニーナちゃんがおしゃぶりしている絵がなんとなくおかしくてこの絵本がおもしろくなっている気がします。

    おしゃぶりなんて赤ちゃんじゃん!と思うんだけど、ニーナちゃんのようにきっぱり宣言するとなんだかいいもののように思えてきますね・・


    親が苦労してむりやりとりあげるから子どもも変に執着しちゃうのかな?
    意外と子どもってやめ時の見極めってつけれるのかもしれないなぁ・・
    なんて思った絵本でした。

    投稿日:2008/03/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おしゃぶりだいすきニーナちゃん」のみんなの声を見る

「おしゃぶりだいすきニーナちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット