宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

うしかたと山んば」 ゆったり♪さんの声

うしかたと山んば 作:坪田 譲治
絵:村上 豊
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1986年
ISBN:9784593562282
評価スコア 3.4
評価ランキング 43,305
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 読み聞かせるには注意を…

    • ゆったり♪さん
    • 40代
    • せんせい
    • 佐賀県
    • 男の子8歳、男の子3歳

    絵本読み聞かせの会に出かけたときに、この本が読まれました。

    よくある民話の勧善懲悪のお話ですが、一緒に出かけた息子たち&特別支援学級の児童たちは「怖い怖い」を連発していました。小さい子の中にはママにしがみついて離れない子も。

    「悪者のやまんばを、うしかたが知恵を使って殺しました、めでたしめでたし」と言ったエンディングは、小さい子や感受性豊かな子には、ストーリーが飛んでしまって、そのシーンだけが印象に残り、強烈なダメージを与えかねません。

    この手の本は自分で選んで読んでほしいものです。親や先生が選んで、子どもに読み聞かせる場合には細心の注意を払ってください。私だったら、わが子が手に取るまでは、読むつもりはありません。

    投稿日:2009/03/19

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うしかたと山んば」のみんなの声を見る

「うしかたと山んば」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おおきなかぶ / おふろだいすき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ / てんてんてん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット