宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おちばがおどる」 しいら☆さんの声

おちばがおどる 作・絵:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784591078693
評価スコア 4.19
評価ランキング 18,245
みんなの声 総数 30
「おちばがおどる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • センス!!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    普通葉っぱで遊ぶと言ったら
    きれいな赤や黄色のうちではないですか?
    それが、茶色\(◎o◎)/!
    渋い!!

    渋いながらも
    いとうさんのセンスは
    なんとも楽しい

    葉脈をうまく使ったり
    口の中も手を抜かない・・・

    ことばも単純で
    そのような様子に見えるから
    すごいです

    初冬にいいかもしれませんね

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おちばがおどる」のみんなの声を見る

「おちばがおどる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット