宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ふんわりくまちゃん」 なおままんさんの声

ふんわりくまちゃん 作・絵:わらべ きみか
出版社:世界文化社
本体価格:\1,500+税
ISBN:9784418998050
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,641
みんなの声 総数 9
「ふんわりくまちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ふんわりくまちゃんのマスコットが、
    本にくっついたしおりのようになっています。
    絵本としてお話も楽しみながら
    ページごとに車や飛行機、メリーゴーランド、レストランのテーブル等
    乗ったり座ったりする部分がポケットになっていて、
    くまちゃんを入れて遊ぶこともできます。
    8ヶ月の娘は、案の定くまちゃんを口に持って行って
    舐めたり噛んだりしていましたが、
    はっきりした色使いなので、イラストを指でなぞったりもしていました。
    紙でできている他の本と違って端で手を切ったり、
    しゃぶって食べてしまう心配もなく
    「触る」ことに終始しがちな低月齢の赤ちゃんでも、
    安心して手渡し自由に遊ばせてあげられます。

    投稿日:2006/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふんわりくまちゃん」のみんなの声を見る

「ふんわりくまちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / だるまさんが / くっついた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしのおかいもの
    わたしのおかいもの
    作:株式会社アーク・コミュニケーションズ 絵:わたなべ ちいこ 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★女の子の「大好き」を詰め込んだバッグ★ デパートでのお買い物を楽しめる、バッグ型しかけ絵本


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット