なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

エルマーのぼうけん」 ムスカンさんの声

エルマーのぼうけん 作:ルース・スタイルス・ガネット
絵:ルース・クリスマン・ガネット
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1963年07月
ISBN:9784834000139
評価スコア 4.85
評価ランキング 69
みんなの声 総数 148
  • この絵本のレビューを書く
  • エルマーあったまいい!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    なんだかとっても有名?な本みたいなので、
    図書館から借りてきて、6歳の息子と読みました。

    最初はちょっと地味な感じだなぁ〜と思い、
    ポツリポツリよ読み初めましたが、

    島に上陸してからいろんな動物と出会いだして、
    エルマーの機転と、見事に騙されて奇行に走る動物たちから
    目が離せなくなりました。

    ガムをかみ続けるトラや、
    歯磨き粉のついたはぶらしでツノを一心不乱に磨き続けるサイ、
    たてがみを三つ編みにしてカラフルなリボンをつけるライオン。
    挿絵もまた面白いです。

    みかん島とどうぶつ島の地図がついてるのもGOOD!
    やっぱりビジュアル的に訴えられないと、
    活字だけでは6歳の心は掴めないようです。

    それにしてもエルマー、なんて頭がいいんだろう。
    最後ワニを橋にして渡っていくなんて、
    因幡の白兎もびっくりです。
    最後は無事にりゅうを助け出せてよかった!

    投稿日:2012/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「エルマーのぼうけん」のみんなの声を見る

「エルマーのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット