いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

かいじゅうたちのいるところ」 はんぶん×ずっこさんの声

かいじゅうたちのいるところ 作:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1975年
ISBN:9784572002150
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,022
みんなの声 総数 291
  • この絵本のレビューを書く
  • 一見ちょっと絵が怖いかなぁと思い、図書館で借りたのですが、案外、娘に好評でびっくり。
    かいじゅうが「かいじゅう踊り」を踊るページなど、黄色い目玉をぎょろぎょろさせ、大きな牙だらけの口をあんぐりあけて、鋭い爪の手をふりあげ、今にも食べられそうな形相なのに、なんだかチャーミングに思えてしまう。なぜでしょうか。それはセンダックの独特の絵の色使いにあるのでしょう。
    センダックの色使いの魔法は原色でもなく、淡い色でもない独特のペンタッチ。それはかいじゅうを一見、恐ろしく、でも愛嬌のある姿にしてしまいます。
    またストーリーも少年の夢の世界のお話なのか、それとも現実のお話なのか、境界線をあやふやにしているところもこの絵本の魅力。読み手の想像力がどんどん書き立てられ、マックスと一緒に「かいじゅうのいるところ」へと旅をするのです。マックスが旅を終えて、自分の寝室へと帰って来たとき、そこには、あたたかい夕ご飯が置いてあり、私たちはマックスと一緒に今までの冒険から抜け出て、現実に戻り、母親の温かい愛情を感じます。
    最後のページに何も挿絵がないのも、「まだ ほかほかと あたたかかった。」とだけ書いてあるのも夢から覚めた後の余韻を残してくれます。
    娘がもう少し大きくなって、ちゃんとストーリーを理解できるようになったら、もう一度一緒に読みたいと思いました。その時は、娘はこの絵本を通じて母のひそやかな愛情を感じてくれるでしょうか。

    投稿日:2003/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かいじゅうたちのいるところ」のみんなの声を見る

「かいじゅうたちのいるところ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / 100万回生きたねこ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / おまえ うまそうだな / 不思議の国のアリス / アンパンマンをさがせ! / はじめてのおつかい / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット