ねずみくんのきもち ねずみくんのきもち
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
いじめや自殺の多い今、「おもいやり」や「想像力」の大切さを教えてくれる、ねずみくんからこどもたちへのメッセージ。

ロッタちゃんとじてんしゃ」 シホさんの声

ロッタちゃんとじてんしゃ 作:アストリッド・リンドグレーン
絵:ヴィークランド
訳:山室 静
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1976年4月
ISBN:9784033270401
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,270
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く
  • うちにもロッタちゃんが・・・

    • シホさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子0歳

     ロッタちゃんとの出会いは映画。テレビでやっているのをたまたま見て、愛らしいロッタちゃんに一目ぼれ。子供独特の話し方、横わけにした金髪、キュートでどこか懐かしいファッション、そして何よりも、家の子に似ている!!どうでもいいコトでかんしゃくを起こして、キーキー怒っている姿が娘と重なった。ロッタちゃんはミニシアターで結構人気が高かった作品だ。
     しばらくして、育児雑誌で絵本の紹介の記事があった。そこで、再びロッタちゃんに出会う。「絵本でも出てるんだぁ〜」家は裕福な家庭ではない。だから意外と値が張る絵本は買ってあげられない。買ってあげられないけど、読んであげたい。そんな我が家の強い見方は図書館。さっそく図書館にGO→なかなか、見つからない。新しい本なのか?貸し出し中なのか?それとも元々置いてないのか?図書館の人に聞いてみる。見つかった。
     「あれ?映画とイメージがちょっと違う」これが最初の印象。ロッタも横わけではない。でも一応金髪だ。映画のロッタは小枝のように細い。でも絵本のはデブチンだ。でも、色鮮やかな表紙。中身もすごく色がたくさん使ってあり、絵がとってもきれい。ロッタのファッションもなかなかだ。そして何といってもロッタの話し方。生意気。でも憎めない。絵本を読んでいると5歳の子がこんなに口が達者だろうか?と思う人もいるかもしれない。でも、達者なのだ。4、5歳の女の子というのは、恐ろしく口が達者なのだ。でも、その内容は文法がおかしかったり、トンチンカンな事を言っていたり。本人は真面目でも大人が聞くと笑ってしまう。女の子を持つママだったら、きっとロッタと自分の娘が重なって見えるのではないだろうか。ロッタちゃんを見て微笑む自分に気づき、娘の生意気なところも愛しいと思っているんだと感じるのではないだろうか。

    投稿日:2002/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ロッタちゃんとじてんしゃ」のみんなの声を見る

「ロッタちゃんとじてんしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おばけのバーバパパ / とんことり / 給食番長 / ペチューニアのうた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット