宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

百年たってわらった木」 カトリーヌみどりんさんの声

百年たってわらった木 作:中野 美咲
絵:おぼ まこと
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784774307244
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,747
みんなの声 総数 32
「百年たってわらった木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 頑張り過ぎてる子達に・・・

    作者12歳!ってことに、ただただ驚かされました。

    とても深いお話です。
    自分をよく見せようと飾ることに一生懸命で頑張りすぎていた木が、百年たって孤独に気づくというお話です。

    「飾らず、ありのままの自分を見せればいいんだよ」というメッセージが真っ直ぐに伝わってくる作品でした。

    12歳の作者もきっと悩み苦しんだことがあって、このような見解に達したのでしょう。
    だからこそ作品に記し、力強いメッセージとなったのでしょう。

    作者と同じ年頃の子ども達に読むと、いいのではないでしょうか?
    きっと多くの子の胸に、痛烈に届くはず☆

    投稿日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    3

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「百年たってわらった木」のみんなの声を見る

「百年たってわらった木」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット