宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

パオちゃんのボ−ルどこかな」 空色のかわうそさんの声

パオちゃんのボ−ルどこかな 作・絵:なかがわ みちこ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1989年
ISBN:9784569586779
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,132
みんなの声 総数 13
「パオちゃんのボ−ルどこかな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • みんなで楽しいボール遊び

    パオちゃんたちが野原でボール遊び。
    みんなで楽しく投げあったりしているうちに、
    パオちゃんが勢いよく蹴ったボールが飛んでいってしまい、
    みんなで探しに行きますが・・・

    私自信が子どもの頃、遊んでいて思いがけず遠くへ
    飛んで行ってしまったボールを友達と探した記憶が蘇りました。
    困りながらもそれも遊びの内で楽しんで探検したような…。
    懐かしい気持ちになりました。

    息子はボールをみんなで探す場面が好き。
    ペンギンちゃんがおじさんの帽子とボールを
    間違えるシーンがなぜか面白いようでケラケラ笑っています。
    みんなでボール遊びをする楽しさが伝わってくる1冊です。

    投稿日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「パオちゃんのボ−ルどこかな」のみんなの声を見る

「パオちゃんのボ−ルどこかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット