宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あのやまこえてどこいくの」 さわこさんの声

あのやまこえてどこいくの 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1993年
ISBN:9784752000013
評価スコア 4.45
評価ランキング 8,988
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く
  • べろべろばぁ〜

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子2歳

     ひろかわさえこさんの本は私も娘も大好きです。何かいいかって、読んでいてとっても楽しいんです。リズムにのって読んでいると私も楽しいし、聞いている娘も楽しそうです。そして、知らないうちに口ずさんでしまいます。
     この本を読んでいると、子どもの想像力もアップする気がします。手袋が何につかえるのかな〜?お米が何になるのかな〜?とか。本を半分ずつ隠しながら、想像して楽しむこともできるかもしれません。始めて読んだ時、おもしろい発想に私も楽しませてもらいました。
     そして、うちの娘が一番気に入っているのが、最後のお化けさん。べろべろばぁ〜のページを開く瞬間、一番の笑顔になります。

    投稿日:2007/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あのやまこえてどこいくの」のみんなの声を見る

「あのやまこえてどこいくの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット