ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!

わたしのあかちゃん」 ニシコさんの声

わたしのあかちゃん 作:澤口 たまみ
絵:津田真帆
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784834021868
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,118
みんなの声 総数 16
「わたしのあかちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • とても優しい絵本。でも誤解をまねく表現が

    • ニシコさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳

    「月刊 かがくのとも」版を図書館で借りて読みました。
    とても優しいお話でした。
    子供はもう小学生で、そういえば、こんなだったなあと、懐かしく思い出されました。
    お母さんと赤ちゃんの絆を描いた文章と絵が、とても合っていて、本当に心が温かくなります。

    ただ、お母さんが母乳が出ず、がんばるところが痛々しかったです。
    ここで「赤ちゃんは三日分のお弁当、水筒を持ってるから大丈夫」という内容が出て来きますが、これは医学的根拠がなく、日本独自の表現だそうです。
    あくまで母親の気持ちを楽にさせるための言葉です。
    実際には、新生児の低血糖状態は、リスクが大きく、粉ミルクを補助的に取り入れる場合が多いと思います。

    心配しすぎかもしれませんが、この部分をそのまま子供にすり込ませるのは、将来親になった時に、マイナスな知識になるかもと、「今は、お腹が減った赤ちゃんにはミルクをあげて、安心させてあげるんだよ」と娘には付け加えました。

    でも、そんな趣旨のお話ではないので、この誤解を受けそうな部分があっても、良いお話だと思います。

    投稿日:2017/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしのあかちゃん」のみんなの声を見る

「わたしのあかちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット