宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

かいけつゾロリ(2) かいけつゾロリのきょうふのやかた」 白ママさんの声

かいけつゾロリ(2) かいけつゾロリのきょうふのやかた 作・絵:原 ゆたか
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1988年05月
ISBN:9784591030011
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,661
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 古典的な妖怪達が・・・

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    息子よりも5つ上の甥が小学校低学年頃に夢中だった本だそうで、最近、幼児向けの絵本は卒業しつつある息子にも渡しました。

    ゾロリたちがいじめの修行の旅の最中、世にも恐ろしい妖怪達に出会います。
    そして、最近、妖怪を怖がってくれない世の中を嘆く妖怪達にゾロリは協力するのですが・・・。


    文字数は多めですが、漢字全てにふりがながふられています。
    絵も多く、所々にカラーも入ります。
    何よりストーリーが面白い!

    今まで可愛らしい絵本のおばけしか知らなかった息子。
    「ドラキュラ」「ゴーゴン」は初めてだったようで、興味深々。
    しかし、古典的な怖い妖怪達なはずが・・・全然怖くない。
    それどころか、声を出して笑ってしまうくらい楽しい。
    年長児でも読みやすいようで一気に読んでいました。

    投稿日:2010/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かいけつゾロリ(2) かいけつゾロリのきょうふのやかた」のみんなの声を見る

「かいけつゾロリ(2) かいけつゾロリのきょうふのやかた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / だるまさんが / そらまめくんのベッド / ななめねこ まちをゆく / りっぱなマジシャンへの道 / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット