新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

くいしんぼうシマウマ」 ジュンイチさんの声

くいしんぼうシマウマ 作:ムウェニエ・ハディシ
絵:アドリエンヌ・ケナウェイ
訳:草山万兎
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1988年09月
ISBN:9784890138135
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,622
みんなの声 総数 12
「くいしんぼうシマウマ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 結末が楽しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    絵を描いたアドリエンタ・ケナウェイは、ナイロビ在住。
    東アフリカに精通した彼女の作品は、欧米・アフリカ諸国で大変な人気と紹介にあるとおり、その拝啓の描写はとても美しいものです。
    動物の描き方も独特なタッチで、人気沸騰というのも頷けます。

    お話は、以前は動物の色は同じだったのが、動物の毛皮が発見されて、動物達が今の概観になるというところから始まります。
    食いしん坊のシマウマくんは、食べるのに一生懸命で、出遅れたため最後の黒い布切れしか手に入れることが出来ません。
    それが、今のシマウマの原形になるのですが、その理由が笑えます。

    何とも素敵な発想ですよね。
    この結末だけで、この絵本は成功だと言えると思いますし、本当に子供も大爆笑でした。

    絵のタッチが素敵なので、次回作が大いに望まれます。

    投稿日:2007/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「くいしんぼうシマウマ」のみんなの声を見る

「くいしんぼうシマウマ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット