新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

おしゃべりなニンジン」 まりん♪さんの声

おしゃべりなニンジン 作:ジャン・マーク
絵:トニー・ロス
訳:たなか かおるこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年07月
ISBN:9784198607418
評価スコア 4
評価ランキング 24,643
みんなの声 総数 3
「おしゃべりなニンジン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 野菜が喋らなくなったわけ・・

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    「昔は野菜も言葉を喋っていたよ。
    知らなかったかい。
    野菜がどうして喋らなくなったか、話してあげよう。」
    こんな風に始まるお話です。
    昔あるところに、緑がいっぱいのくぼ地の垣根をへだてて
    片側にはうさぎ達が静かに暮らしていました。
    そして、もう片側には野菜畑があり、ニンジンが遊んでばかりいました。
    ある日、おしゃべりなニンジンがうさぎの悪口を言い始めました。
    初めは辛抱していたうさぎ達ですが、とうとう怒りが爆発!
    それからなんです、うさぎがニンジンを食べるようになったのは。
    悲惨なニンジンの姿を見て他の野菜たちは「口は災いの元」と
    何も喋らなくなったということです。

    最後のページでちょっと意味がわからない
    ・・アメリカンジョーク?・・・がありました。
    「でもそれは、船乗りだって言う片目のひつじに聞いたんでね、
    ほんとかどうかは知らないよ」
    というところなんですが、深い意味があるんでしょうか?
    どなたか教えてください。

    投稿日:2004/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おしゃべりなニンジン」のみんなの声を見る

「おしゃべりなニンジン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット