新刊
トラからぬすんだ物語

トラからぬすんだ物語(評論社)

2021年ニューベリー賞受賞作!

  • 盛り上がる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

オチツケオチツケこうたオチツケ−こうたはADHD」 Pocketさんの声

オチツケオチツケこうたオチツケ−こうたはADHD 作:さとうとしなお
絵:みやもとただお
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2003年12月
ISBN:9784265006243
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,555
みんなの声 総数 6
「オチツケオチツケこうたオチツケ−こうたはADHD」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ブレーキが苦手な車に乗っている

    ADHDという言葉は最近よく耳にします。先日もテレビで発達障がいの特集が組まれていました。
    私も、子どもに携わる仕事をしている中で、診断はされていなくても、ADHDやアスペルガーなどに似たお子さんに遭遇することがあります。

    衝動的で、気が散ってしまい、集中力が散漫になる特性などが絵と文字でよりわかりやすくコウタ君を通して理解することがあります。

    はやまわしのビデオのよう・・

    色々な音が全部耳に届いて、感覚過敏になる方も多いとテレビでも言っていましたが、まさに友達の筆箱もロボットみたいなふでばこ表現しています。普通ならそこまでは気にならないあらゆる音が全て気になってしまうのでしょう。

    呪文のように繰り返されるオチツケオチツケ
    カタカナで書かれたこの呪文

    わかっているのだけれど、ジュンバンが守れなくてブランコから友達を押してしまう。

    ボクハワルイコナンダ

    コウタもお母さんの辛さも伝わってきました。
    ずっと辛かった母の気持ちもADHDですと診断された瞬間に心が少し晴れてきたのが絵を見てもわかります。
    淡いブルーで虹がかかったそのページは、診断がついたことでこれからの道が開けたような気持ちもあったのではないかと思いました。

    絵本の中でお医者さんがコウタクンのことを
    「ブレーキのききにくい車にのっているようなものなんだ」
    と表現されています。

    算数の苦手な車、音楽の苦手な車、
    みんなの苦手を車に例えてあるのがとてもわかりやすいです。
    そして、この車を上手にのれば結構すごいらしいと・・
    ADHDの特性をコントロールしながら付き合えば大丈夫だと子どもにでもわかりやすい説明がとても心に残りました。

    ワルイコジャナインダ

    最後の一文、これはきっと私たちに訴えかけているのでしょう。
    我慢できない、すぐに手が出る、友達からおもちゃを取り上げる・・
    変わった子!

    そんな見方をしてしまっている人は多いのでは?
    私自身、仕事上でも偏った見方で見ていないか時に振り返る必要があると感じます。

    とても勉強になる一冊でした。

    投稿日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「オチツケオチツケこうたオチツケ−こうたはADHD」のみんなの声を見る

「オチツケオチツケこうたオチツケ−こうたはADHD」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / からすのパンやさん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット