まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ふらいぱんじいさん」 多夢さんの声

ふらいぱんじいさん 作:神沢 利子
絵:堀内 誠一
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1969年01月
ISBN:9784251006356
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,505
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く
  • 冒険、そして出会い。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    2年ほど前、古本屋さんで購入。
    本棚に仕舞っておいたのですが、
    どうやら、娘はいつの間にか、一人読みしていたようで・・・
    私も読んでみました。

    ふらいぱんじいさんは、まだまだ、めだまやきを焼きたくて、旅にでます。
    それは、いろんなことの連続でした。

    次々と新しい展開があり、飽きさせません。
    私も、お話しにぐいぐいとひっぱられました。
    次はどうなるのだろうと、ドキドキしました。
    そして、沢山の冒険の後、素敵な出会いが待ってました。

    『ふらいぱんじいさんのむねは ことりたちへのおもいで、
     あたたかくなりました。
     おひさまのぬくみで あたたかくなりました。
     そのむねに このはが おちて
     きもちの よい ねどこになりました。』
    ジーンと胸に来て、私の好きなシーンです。

    堀内誠一さんといえば、『こすずめのぼうけん』を思い出します。
    好きな絵本の中の一冊です。
    こういう、可愛い絵も描くのですね。

    すべてひらがなで書かれた幼年童話。
    一人読みを始める1〜2年生におすすめ。

    投稿日:2009/08/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふらいぱんじいさん」のみんなの声を見る

「ふらいぱんじいさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット