宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

アフガニスタンの少女マジャミン」 はなびやさんの声

アフガニスタンの少女マジャミン 写真・文:長倉洋海
出版社:新日本出版社
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年09月29日
ISBN:9784406053877
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,807
みんなの声 総数 5
「アフガニスタンの少女マジャミン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 海外の子どもたちの生活を知るきっかけに

    物陰からこちらを見つめる少女マジャミンの表紙写真に惹かれて読んでみることにした作品です。

    山の学校の4年生のマジャミン。学校の標高は2780メートルです。

    人々の暮らしの中にはロシアとの戦争の傷跡がそこかしこに見られます。

    学校生活だけでなく、一家の暮らしを支える手伝いもする子どもたち。

    日本の子どもたちの暮らしぶりとは大きく違いますが、貧しい生活の中でも子どもたちのしっかりとした表情や生き生きとした笑顔など、

    見ていてとても清々しさを感じます。

    戦後の日本では、こういう風景もごく当たり前だったのかもしれません。

    日本だけでなく、海外の子どもたちや人々の生活を知るきっかけになる本だと思います。

    マジャミンが4年生だということなので、その周辺の年代のお子さんに読んでほしい絵本です。

    投稿日:2010/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アフガニスタンの少女マジャミン」のみんなの声を見る

「アフガニスタンの少女マジャミン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット