どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

ノアの箱舟」 ジュンイチさんの声

ノアの箱舟 作:ハインツ・ヤーニッシュ
絵:リスベート・ツヴェルガー
訳:池田 香代子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784776404477
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,560
みんなの声 総数 5
「ノアの箱舟」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 絵が綺麗

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「ノアの箱舟」は、沢山の絵本が出版されています。
    この「ノアの箱舟」の特徴は、リスベート・ツヴェルガーの描く絵にあります。
    リスベート・ツヴェンガーは、グリム、アンデルセン等の世界的名作を、繊細で独特の画風で描き、国際的に評価を得ており、この作品も、思う存分に彼女の描く絵の魅力が溢れているものです。

    「大昔、さまざまな生き物のあいだを、巨人族がのし歩いていたころのことです。
    人間たちはたがいにいがみあい、ねたみあってばかりいました。
    人びとは、戦争と破壊に明け暮れていました」
    という書きぶりで始まりますが、今の時代を鑑みて、心に響くものがあります。
    大昔という設定からか、ケンタウロスやユニコーンも描かれていました。
    また、ノアの箱舟を水中から見たシーンでは、水没した町を見慣れない魚が泳ぎまわるのが印象的。
    ニューヨーク・タイムズベストイラスト賞受賞作品というのが頷ける、とても綺麗な絵は、見るものの心を惹きつけて止まないことでしょう。
    実に想像力を掻き立てられる絵だと思います。

    一寸文章は長いですが、絵が秀逸なので飽きることなく、読み聞かせできる作品としてオススメします。

    投稿日:2011/03/09

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ノアの箱舟」のみんなの声を見る

「ノアの箱舟」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その3

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット