なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

11ぴきのねこ」 もりもりまりもりさんの声

11ぴきのねこ 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1967年04月
ISBN:9784772100045
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,513
みんなの声 総数 178
  • この絵本のレビューを書く
  • 北のお空のお星様、教えておくれ湖を。

    合唱団に入っていた頃、この絵本を元にした11ぴきのねこのオペレッタをやりました。
    20年近く前のことですが、まだ歌を覚えているし時々歌ってしまいます。

    そうそう、腹ペコなんだよなー。
    メダカがつれたんだったなー。
    おじいさんねこ、いたなー。
    子守唄で魚を眠らせるんだったなー。

    原作は初めて読んだのですが、オペレッタは脚色が割と入っていたんだなぁ、と気づきました。
    最後、獲った大きな魚をねこたちは腹ペコの限界で待ちきれずに食べてしまいますが、
    オペレッタでは不憫なのらねこたちを集め「のらねこ共和国」を作ってハッピーエンドでした。

    にしても、この独特の文調がいいんですよね。
    11ぴきのねこシリーズはもっといっぱいあるのかと思ったら、意外と少なくて・・・。

    11ぴきシリーズは馬場のぼるさんの代表作だと思いますが、
    他の著作も読んでみたくなりました。

    投稿日:2018/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「11ぴきのねこ」のみんなの声を見る

「11ぴきのねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / 100万回生きたねこ / パパといっしょ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / かいじゅうたちのいるところ / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(178人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット