話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

10本のまっかなバラ」 ユキアメアラレさんの声

10本のまっかなバラ 作:イヴ・メリアム
絵:ジュリア・ゴートン
訳:たまの まさと
出版社:あづき
税込価格:\1,430
発行日:2004年07月
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,306
みんなの声 総数 8
「10本のまっかなバラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 園児に絵本を読んであげても、なかなか聞いてもらえないことがあります。「おおきなかぶ」はそういう失敗が少ない絵本と聞いていますが、それでもだめなときは本当に泣きたくなります。でもネット書店でこの絵本を見つけてからは、私の隠し球として大活躍しています。

    どうも今日は子どもたちの気持ちがバラバラだなと思ったら、まず両手をかざし指の数を左から1本ずつ1、2、3…と10までゆっくり数えます。そして「いいねえみんな、始めるよ!」と大きな声で叫んで絵本の表紙を見せます。

    それから、ゆっくり最初のページを開きます。そして「10本ならんでさいている」のところまで読んだら、今度は絵本のバラを1本、2本、3本…と数えて10本あることを確かめます。「いいかい、1本、2本、3本…10本だよ」と、また両手を広げて数えることもあります。子どもたちの目が私や絵本に向かってくるのが分かります。

    さあ次のページです。「…1本つみとった」で、ちょっと間を置きます。そして「のこったバラは?」と問いかけるように読みます。このとき「9本!」と答える子が一人か二人でも気にしないで、自信をもって続けます。だんだん答える子が増えてきます。6本あたりになると、ほぼ全員が口々に叫びます。後はノリノリ、まるでライブの雰囲気です。初めてこの感動を味わったときは身体が震えました。

    投稿日:2004/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「10本のまっかなバラ」のみんなの声を見る

「10本のまっかなバラ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もしゃもしゃマクレリーおさんぽにゆく / もしゃもしゃマクレリーねことおっかけっこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



3月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット