なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

どうぶつさいばん ライオンのしごと」 ねーねーさんの声

どうぶつさいばん ライオンのしごと 作:竹田津 実
絵:あべ 弘士
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784033313603
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,197
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く
  • なんか、納得

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    こんな考え方もあるんだ〜と思いつつでもいい絵本だなと率直に思った。

    他の動物を食べてしまうライオンをつるし上げる裁判の話かと思い読み進めた。
    食べる側vs食べられる側
    殺されて食べられてしまう側のインパラの証言のあたりから、ん?風向きが変わりそうな気配
    ライオンのしている狩はどんな意味を持っているのか。
    自分達が生きていくためということはもちろん、他にも自然の流れを守るためにしていた行動とは思いもよらなかった。
    生きていくためにそれぞれの動物が抱えている思い。強いもの、弱いもの。みんな自然の中の一つ一つで、無駄に死んでいく命は無いのだと思えた。
    ライオンに出された判決は?

    これは実際にもあることなんだろうか?絵本用に作られた話?
    創られた話だとしても妙に納得させられる内容だった。

    投稿日:2007/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どうぶつさいばん ライオンのしごと」のみんなの声を見る

「どうぶつさいばん ライオンのしごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット