季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット(童心社)

日本一の絵本『いないいないばあ』からかわいい指人形付のギフトセットが登場!

  • かわいい
  • ギフト

これは本」 レイラさんの声

これは本 作・絵:レイン・スミス
訳:青山 南
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784776404507
評価スコア 4.36
評価ランキング 13,019
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く
  • スクロール、ハンドルネーム、Wi−Fi・・・

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    『It’s a Book』が原題。
    本というものを哲学するような、深い内容でした。
    パソコン通のロバくんと本好きなサルくんの会話で進むストーリー。
    なんとロバくんは「本」というものを知らない様子。
    そのかわり、パソコンについては、スクロール、ハンドルネーム、Wi-Fiまで
    知っていて、それらと比較して「本」を知ろうとします。
    ちなみに、我が家の高校生にそれらの用語を知っているかと尋ねたら、
    事も無げに「当たり前やん!」と一蹴されました。
    絵本の題材にされているということは、案外、小学生高学年くらいなら
    知っているのでしょうか。
    Wi-Fiなんて、私、知りません!!!
    ともあれ、百聞は一見にしかず、ロバくんはサルくんの本を借り、
    読み始めると・・・。
    読書週間あたりにぴったりの題材かもしれませんね。
    この本、ジョン・シルバーが刀を抜き、ジムは固まってしまう、
    挿絵を見ると、一本足の海賊に、帆船・・・
    これは、ロバート・ルイス・スチーブンソンの『宝島』ですね!
    サルくんの周りをチョロチョロしているマウスくんも、絶妙な存在感。
    実に現在のパソコン事情を切り取ったかのような作品に、脱帽!

    投稿日:2011/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「これは本」のみんなの声を見る

「これは本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / からすのパンやさん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット