話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト

生きのびるために」 はなびやさんの声

生きのびるために 作・絵:デボラ・エリス
訳:もりうちすみこ
出版社:さ・え・ら書房
税込価格:\1,430
発行日:2002年02月
ISBN:9784378007663
評価スコア 4.25
評価ランキング 19,823
みんなの声 総数 3
「生きのびるために」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 主人公は11歳

    タリバンに支配されているアフガニスタン。同時多発テロ前のアフガニスタンの様子が描かれています。

    女性は外出を禁じられて外に出ることができません。

    父がタリバン兵に捕らわれて、生活のめどが立たないパヴァーナの家族。

    必要な買い物をするためとお金を得るためにパヴァーナは、髪の毛を切り少年の格好をして働き出すのです。

    アフガニスタンの現状は、同時多発テロ後は、テレビなどで報道されてきました。

    ただ、実際に住んでいる人たちがどう考えてどんな生活をしているかを知ることはありませんでした。

    ここにあるのは、過酷で心が痛むような光景です。

    そんな中でも人は希望を見い出して生きていこうとします。

    パヴァーナのひたむきさ、アフガニスタンの現状を外へ訴えようとするウィーラ夫人の力強さなど、この現状を生き抜いて打破しようとする女性の力を感じました。

    地雷がどこに埋められているかがわからないために作物を植えることができず、荒廃と飢えで苦しむ国民。

    読みながら、どうしても震災後の被災地のことを重ねて、よその国の事という突き放した思いは持てませんでした。

    どんな時にも人は生き抜かなくてはいけない。

    11歳の少女やアフガニスタンの女性の生き方を通して、どんな時にも現状を打破する力を持ちたいと思いました。

    投稿日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「生きのびるために」のみんなの声を見る

「生きのびるために」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



谷川俊太郎×堀内誠一の新作絵本『ちちんぷいぷい』インタビュー 編集・紀本直美さん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット