しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」 きゃべつさんの声

新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画 監修:辻 惟雄
著:西村 和子
出版社:博雅堂出版
本体価格:\2,000+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784938595555
評価スコア 4.76
評価ランキング 687
みんなの声 総数 20
「新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 饒舌な動物たちの世界

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    日本画好きの私は「鳥獣戯画」の文字に飛びついてしまいました。
    鳥獣戯画の絵巻に沿って、下の段に子供にもよくわかる解説がついてる構成がとてもいいと思いました。

    マンガのルーツと言われてる鳥獣戯画ですが
    本当に日本人は昔からユーモアにあふれていますよね。
    うさぎと蛙の相撲、蛙が倒れている場面での犯人捜し、お葬式
    一場面一場面にセリフはついてないけれど、饒舌に語る絵巻の世界が楽しいです。どの場面も、動物たちが生き生きとしています。

    本という形なので
    巻物の形態の良さがでていないのはちょっと残念ですが・・
    それでも十分に鳥獣戯画の世界を満喫しました。

    私のユーモア本好きも実はここから来ていたり??(笑)
    全頁立ち読みで読ませていただきましたが、ぜひ買いたいと思います。
    そして子供たちに思う存分語りたいです(笑)

    投稿日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」のみんなの声を見る

「新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット