アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」 空色のかわうそさんの声

新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画 監修:辻 惟雄
著:西村 和子
出版社:博雅堂出版
本体価格:\2,000+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784938595555
評価スコア 4.76
評価ランキング 698
みんなの声 総数 20
「新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • これはおもしろい!

    学生時代部活動で模写もモチーフにしたくらい
    鳥獣戯画が好きでした。
    カエルやウサギなどの動きがとてもユーモラスなこの絵。
    登場するカエルやキツネ、ウサギなど身近な動物たちが
    主人公となっているのも、親しみやすい要因なのかもしれませんね。

    その中の物語は自分で「多分こうなんだろうな」と
    想像するだけにとどまっていました。

    しかし、この本をみて「なるほど〜!」
    特にカエルがひっくり返っているシーンは
    おかしさ連続の場面から緊張感漂うシーンに・・・・
    カエルの近くに落ちているおもだかの葉、
    キツネの腰にもおもだかの葉・・・
    このドラマの結末は描かれていませんが、
    それがまた想像力をかき立てられます。
    大衆がすきそうなサスペンス的な
    展開まで描かれているとは・・!
    なんとも奥が深いです。
    鳥獣戯画の魅力をさらに引き出してくれたこの本に感謝です!

    投稿日:2012/02/05

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」のみんなの声を見る

「新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット