おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

セミくんいよいよこんやです」 ゆりわんちゃんさんの声

セミくんいよいよこんやです 作:工藤 ノリコ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784774606255
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,850
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く
  • セミくんの一言が力強く輝いています!

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    ずっと土の中で時期がくるのを待っているセミくん。
    そんなセミくんに電話がかかってきて…!
    セミくんが地上に出てくるのを心待ちにしていた虫の仲間たちが
    お祝いしてくれるお話です。

    工藤ノリコさんの絵本はほとんど持っているのですが、
    この本は主人公が虫(セミ)ということで、
    あまり娘も虫好きではないために購入はしていませんでした。
    しかし久しぶりに読んだら、あら!
    やはりとても素敵なお話!
    色も綺麗で細かいところ(小物など)も描きこまれていてすごく楽しい!!
    娘も「すごいね〜♪」って嬉しそうでした。

    このお話は、セミがどのようにして地上に出てくるのか知らないと
    「?」な部分もあると思いますが、
    「生きてるってうれしいな」というセミくんの言葉がまぶしかったです。
    神秘的な羽化のシーンも、お祝いのパーティーの場面も素敵ですが、
    最後にセミくんが力強く鳴いているシーンが一番ぐっときました。

    命の輝きがイキイキと描かれた一冊です。
    地上に出てからのセミの命は短いからこそ、セミくんの一言が力強く感じられました。

    夏におススメ、我が家でもやはり欲しくなってしまった一冊でした!(^^)

    投稿日:2014/08/17

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「セミくんいよいよこんやです」のみんなの声を見る

「セミくんいよいよこんやです」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / 100かいだてのいえ / パンダ銭湯 / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット