キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ペドロの作文」 アダム&デヴさんの声

ペドロの作文 作:アントニオ・スカルメタ
絵:アルフォンソ・ルアーノ
訳:宇野 和美
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784752002727
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,478
みんなの声 総数 4
「ペドロの作文」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 軍事政権体制下の民衆の生活

      主人公が9歳ということなので、中学年以上の方にお薦めします。
     1973年チリで起きた軍事クーデタをベースに書かれた作品です。
      
     反戦(反独)を訴える作品ですが、大人も含め軍事政権体制下の民衆の生活というものが、いかなるものかを知る上で、貴重な一冊だと思いました。
     
     日常の中に、ひたひたと、きな臭いにおいが立ちこめて、大人たちの狼狽の中、こどもたちも考えずにはいられなくなる非常事態。
     ペデロは、チリの9歳の少年。
     サッカーが好きで、愛する両親と暮らしています。
     軍事クーデタが起こり、友だちの親が“独裁反対”をとなえたかどで、日常の真っ昼間、仕事着のまま軍人に連行されていきます。
     ペデロの家では、夜、口数も少なく両親が遠い外国の周波数に合わせ、ラジオ放送に聞き入っています。
     友人の親が連行された夜、お母さんは泣いていました。
     翌日、学校に軍人が現れ、『我が家の夜のすごしかた』というタイトルの作文を書かせられます。
     こどもの口から親の反独裁因子をさがしあてようとする画策か、なんとも卑劣な行為だと思いました。
     ペドロの作文を読んで、このような嘘を書いて親を守らなければならないなんて、なんて悲しいことだろうと思いました。
     ペドロのように機転のきく子でなければ、真実を書いて親が連行され、自分の作文が理由だったとわかったら…。想像すると、その子の人生がねじ曲げられてしまうようで、やりきれません。
     嘘を諫める事もできず、父親が「こんど、チェスを買ってこなくっちゃ。」と笑っていう一言を読んで、胸が苦しくなりました。
     “純粋な子どもの心”まで利用するものは、戦争であれなんであれ許されるものでは無いと思います。
     
     「卑怯、卑怯、ひきょう〜、でも怖い!」これが息子の一事です。
     お子さんが小さい方は、ご家族にもご一読をお薦めします。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ペドロの作文」のみんなの声を見る

「ペドロの作文」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット