季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

カエルの目だま」 てんぐざるさんの声

カエルの目だま 作:日高敏隆
絵:大野八生
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784834026535
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,067
みんなの声 総数 9
「カエルの目だま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • それぞれの生き物の「目だま」の個性

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    科学絵本といっていいと思いますが、意外とストーリー性があってびっくりしました。(著者のロマンチストな部分が伝わってきました)
    この絵本では、登場するそれぞれの生き物の「目だま」の個性について
    わかりやすく描かれていました。
    字も絵も大きく描かれているので、読み聞かせにも使えそうです。
    ただ著者が若かりし頃に描いた作品であるため、言葉が今流に砕けていないのと、「複眼」など、生物について多少の知識がないと理解しにくい部分もあるので、読み聞かせで使うのでしたら小学校中学年以上がよさそうです。

    著者の日高さんは動物行動学者で京大名誉教授(2009年没)です。
    昆虫少年だった彼の思い出を織り交ぜて書かれた
    「世界を、こんな風に見てごらん(集英社)」は、章によっては小学校高学年くらいからでも読めるたのしい内容です。

    もし、本書を読んで、生き物の習性の面白さに興味を持ったら、ぜひこちらも読んでみていただきたいな〜と、思います。

    投稿日:2017/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カエルの目だま」のみんなの声を見る

「カエルの目だま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット