くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

絵本から 擬音語 擬態語 ぷちぷちぽーん」 はなびやさんの声

絵本から 擬音語 擬態語 ぷちぷちぽーん 作:後路好章
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784752003175
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,055
みんなの声 総数 2
「絵本から 擬音語 擬態語 ぷちぷちぽーん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 切り口がおもしろい

    赤ちゃん絵本のことをもっと知りたくて検索していたら出会った本でした。

    アリス館から出ているしと思って読んでみたのです。

    良い本を出版している小さな出版社には、心意気だったり絵本にかける熱意だったりが感じられて、心の中で応援している出版社がいくつかあります。アリス館もその一つです。

    擬態語・擬音語でまず思いつくのは『もこもこもこ』ですが、それ以外にもこの本の中でたくさん紹介されていて、

    いつもは絵本を作る黒子としての役割の編集者さんが書かれていることもあり、本にまつわるお話がとてもおもしろくて、「へえーそうなんだ」と思うことばかりでした。

    絵本というとどちらかというとストーリー性のあるものばかりに目が入ってしまうますが、擬音語・擬態語という切り口も実におもしろいと思ったのでした。

    あとがきと作者紹介によると、作者の後路さんは、「絵本を使ったおもしろい授業」の講演を展開中だとか。

    愛知にいらっしゃる機会はないのかな?

    本だけでなく実際にお話も聞いてみることができたらいいなあと思いました。

    ここで紹介されていた本やアリス館の本もまた読んでみたいと思います。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「絵本から 擬音語 擬態語 ぷちぷちぽーん」のみんなの声を見る

「絵本から 擬音語 擬態語 ぷちぷちぽーん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット