宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ほげちゃん」 NARIGEさんの声

ほげちゃん 作:やぎ たみこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784032323702
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,286
みんなの声 総数 97
  • この絵本のレビューを書く
  • 爆笑の連続

    「ほげちゃん」とはまたいい名前をつけたもんだ。
    まさにそんな言葉がぴったりくる風貌。
    かばと勘違いされているけど、本当は熊のぬいぐるみ(?)。

    そんなほげちゃん、一家の一員として大切に使われているけど、
    実は鬱憤がたまっていたらしく・・、
    ある留守番の日に、ストレスが爆発します!
    ここからはトイストーリーのノリ。
    ほげちゃんが起き上がったときには、
    絵本の雰囲気ががらっと一変したので本当にびっくりしました。
    そしてこの絵本の魅力もここから全開。
    爆笑の連続です。

    表紙のボ〜とした絵の雰囲気とのギャップがすごい
    笑える絵本です。

    投稿日:2011/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ほげちゃん」のみんなの声を見る

「ほげちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

オレ、カエルやめるや / まってるまってる / バムとケロのさむいあさ / めっきらもっきらどおんどん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット