おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

たいへんたいへん、あかちゃん、まって!」 ジュンイチさんの声

たいへんたいへん、あかちゃん、まって! 作・絵:ペギー・ラスマン
訳:たがきょうこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784198618896
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,955
みんなの声 総数 25
「たいへんたいへん、あかちゃん、まって!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 影絵のような絵が絶品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    大人達がお祭のパイの早食い競争に夢中になっているときに、あかちゃん達が蝶についていってしまうところから物語は始まります。
    主人公の僕が、お母さんに教えているのに気付きません。
    そこで、僕が追いかけることに。

    山越へ谷超え、ほら穴ありの大冒険。
    しまいには、崖から転落して大変なことになります。
    でも、何とか連れ戻すのに成功するのです。

    僕の活躍シーンがふんだんにあって、同じ年頃の子供に読み聞かせると良いのではないでしょうか?
    恐らく、僕は年中〜小学校1年ぐらいの設定でしょう。

    でも何と言ってもこの絵本の魅力は、影絵のような絵です。
    こんな手法の絵本は初めてです。
    最後に僕はママに抱っこして眠ってしまうのですが、その頁は最高です。
    ティーカップがあって、蝶がママの髪にとまっていたりします。
    そして、カーテンが舞台のような雰囲気を醸し出していて、そこにママに抱っこしてもらう僕の影絵があり、何とも豊かな落ち着いた気持ちにさせてくれます。

    投稿日:2008/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「たいへんたいへん、あかちゃん、まって!」のみんなの声を見る

「たいへんたいへん、あかちゃん、まって!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット