くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

だからそっとおやすみなさい」 ジュンイチさんの声

だからそっとおやすみなさい 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:ガース・ウィリアムズ
訳:木本 栄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784061892439
評価スコア 4.14
評価ランキング 19,010
みんなの声 総数 6
「だからそっとおやすみなさい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • おやすみ前に

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    マーガレット・ワイズ・ブラウン文、ガース・ウィリアムズ絵という黄金コンビによる1948年の作品。
    3つの短編と4つの詩・歌が納めらていて、おやすみなさいの絵本の決定版として、全米で親しまれてきたようです。

    特に気に入ったのは、「ゆめみごこちな こうさぎ」という短編。
    文章量もあるので、これだけで一冊の絵本として十分通用します。
    おかあさんうさぎと、何と1100匹のこどもたちという設定で、主人公ノネムネムリー以外は、日中それは良く働きます。
    その働く容姿が、実に人間ぽくって思わず笑えてしまいます。

    でも、実はネムネムリーはただ単に日中何もしなかった訳ではなく、回りに注意を払っていたのです。
    それが大きな危機を回避することに繋がるのですが、決して役に立たない者はいないということを考えさせられる絵本です。

    この作品以外は、おやすみ前に読める短い作品になっていますので、いろいろ活用出来る絵本だと思います。

    掲載日:2008/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「だからそっとおやすみなさい」のみんなの声を見る

「だからそっとおやすみなさい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット