100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット 100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット
作: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
絵本「100にんのサンタクロース」とクレパスのスペシャルセット!

ひとりぼっちのかいぶつといしのうさぎ」 てんぐざるさんの声

ひとりぼっちのかいぶつといしのうさぎ 作・絵:クリス・ウォーメル
訳:吉上 恭太
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784198619022
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,956
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く
  • 哀しい

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    主人公の怪物は、いかにも『怪物』らしい風貌で、強面なんですが、心はとても優しくて、シャイなんです。
    なのに、周囲の動物はおろか、大地や草花、天候までも、この怪物を忌み嫌い、逃げていくのでした。
    怪物は淋しい毎日を送っていましたが、ある時、石でたくさんの動物を作ってみることにしました。
    やっと出来上がって、微笑むと、せっかく作ったばかりの石の動物達が、無惨にも崩れてしまったのです。
    ただ一つ「いしのうさぎ」除いて。
    返事もしない、微笑みさえしてくれなくても、そこにいてくれるだけで幸せな気分にしてくれる石のうさぎ(友達)を、生涯大切にしてくらしました。
    怪物がいなくなり、住んでいた当たりに草木がはえ、人々が訪れるようになっても、草影にひっそり佇む「石のうさぎ」がある、ラストページが心にジーンときました。
    この絵本をうまく説明しようとすると、とても説教がましくなってしまいそうなので、読んだままに素直に受け取ると、とても素敵な絵本だということだけ、お伝えします。

    投稿日:2004/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ひとりぼっちのかいぶつといしのうさぎ」のみんなの声を見る

「ひとりぼっちのかいぶつといしのうさぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / 名前のない人 / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット