100ぴきのあり おなかぺこぺこ」 多夢さんの声

100ぴきのあり おなかぺこぺこ 作:エリノア・ピンチェス
絵:ボニー・マッケイン
訳:ひがし はるみ
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784579403691
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,109
みんなの声 総数 14
「100ぴきのあり おなかぺこぺこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • なんてこったい!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    ジャケットの文言をみて、(面白そう!)と思って借りてきました。

    ぺこぺこのおなかをかかえた100ぴきのありたちが、
    ピクニックのご馳走を見つけ、
    みんなきちんと一列になって出発!
    ところが、1列のままで進んでいったのでは時間がかかりすぎる。
    そこで、1匹のありが知恵を出す。
    「50ぴきずつ2列になったら?」
    「25ひきずつ4列になったら?」

    こうして、どんどん隊形を作っては変えて作っては変えてと、
    進む速さを早くするために、一生懸命に考えた知恵だけど、
    よくよく考えて!
    列を作り直すたび、ありたちがばらばらになっていては、
    それこそ時間がかかるよね?
    どうしてそこんとこがわからないの?って、正直、イライラ。
    (おちびが一生懸命訴えている姿は、
     後になって考えると、とても滑稽です。)

    ほら!まわりをよく見て!
    ありたちが、そうこうしているうちに、
    他の動物たちが、食べ物を持ち帰ってるよ!
    確かに、キチンと整列して行進しているありたちの姿は立派だけどね。
    (思わず、数えましたよ。)

    ラスト、ご馳走にありつけなかった100ぴきのありさん、お気の毒。
    でも、おちびのありの言葉には、笑っちゃいました。

    一見、版画のように見えますが、濃い色の用紙に、
    ガッシュを用いて描いているそうです。

    100匹が、1列から2列、4列、5列と隊を変えるところは、
    割り算の勉強にもなりますね。

    とても面白かった。
    これが絶版だなんてもったいない!

    投稿日:2011/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「100ぴきのあり おなかぺこぺこ」のみんなの声を見る

「100ぴきのあり おなかぺこぺこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット