宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

三月ひなのつき」 もぐもぐもぐもぐさんの声

三月ひなのつき 作:石井 桃子
絵:朝倉 摂
出版社:福音館書店
本体価格:\1,400+税
発行日:1963年
ISBN:9784834000184
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,727
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 母と娘の気持ち

    文章は長いのですが、優しい文体で、すらすらと読めます。三月三日におひなさまがほしい娘の気持ち、買ってやりたいけど、既製品ではなく心の籠もったものをおくりたいお母さんの気持ち。じんわりとみんなの気持ちが伝わってきました。最近では高価なものから安価で品質が低下したもの、さまざまな「もの」があふれています。物を買うのも簡単になりました。このように、ひとつのものを買うときに母の気持ち、娘の気持ちが入り組んで一緒に解決していく姿はみかけないかもしれないなとおもいました。すぐに物を買うのではなく、互いにどんなきもちでいるのか確認し合うことがたいせつです。古い本ですがなくならないでほしい。

    投稿日:2014/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「三月ひなのつき」のみんなの声を見る

「三月ひなのつき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット