このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!の試し読みができます!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。

ねえ、どれがいい?」 MYHOUSEさんの声

ねえ、どれがいい? 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784566001985
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,760
みんなの声 総数 144
  • この絵本のレビューを書く
  • 会話が弾みます!

     図書館で旧版の方を借りて読んでみたら、1年生の息子が大ハマリ!「この本、絶対買って!」と珍しく言うので、こちらの口コミを覗いてみると、田中パパの「この本は借りて見よう、はダメ。必ず買うこと」の一言で購入決定!

     新版が出ているのを知り、こちらを購入しました。漢字が全てかなに変わり、訳も少しずつ違っています。我が家は新版で良かったです。旧版を読んでると決まって「ねぇ、これコアラだよね?なんでクマって書いてあるの?」とうるさかったので・・(新版はちゃんとコアラになっていました)

     「ねえ、どれがいい?」ときかれる質問は、どれも嫌な究極の選択。でも、それが子どもには楽しいらしい。

     「ブタに服!だって他の服着ればいいし!」、「ヘビにまかれるの!だってワニのは完全死んでるし!」、「お母さんがどなるの!だって学校だとみんな見てるし恥ずかしいから!この男の子だって、こっちの方が顔が真っ赤でしょ?」・・・などと、色んな理由をアレコレ並べてしゃべる、しゃべる!

     決して、お話自体は長くないのに、子どもとの会話が弾みすぎてしまい、なかなか読むのが終わらない楽しい1冊。でも、最後はホッと出来る場面でお話が終わります。オススメです!

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ねえ、どれがいい?」のみんなの声を見る

「ねえ、どれがいい?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット