おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。

せかいで いちばん つよい国」 のはらなずなさんの声

せかいで いちばん つよい国 作・絵:デビッド・マッキー
訳:なかがわ ちひろ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784895726443
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,838
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く
  • 温かな心と豊かな文化

    “大きな国”の大統領は“せかいじゅうの人びとをしあわせにするために”
    “いろんな国へ、せんそうを しにいきました。”
    たちむかった国は、ことごとく“せいふく”され、
    残ったのはたったひとつ、“小さな国”。
    ところが、小さな国にはへいたいがいないので
    戦争にならなかったばかりでなく、へいたいたちをお客のように歓迎して…。

    作者はイラク戦争に憤り、この絵本を作ったとか。
    といっても、戦争のシーンはほとんどありません。
    へいたいたちにめずらしい石けりを教え、昔話や歌を
    聞かせ料理をふるまう、“小さな国”の人々。
    “小さな国”の穏やかさが印象的に描かれていて、
    それが、逆に考えさせられました。

    9歳の長男には作者の言わんとすることが伝わっていました。
    比喩するところも理解できるのは小学生以上かな、と思います。

    温かな心と豊かな文化が世界を“せいふく”しますように。

    投稿日:2008/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「せかいで いちばん つよい国」のみんなの声を見る

「せかいで いちばん つよい国」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しゅくだい / どろぼうがっこう / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / 綱渡りの男 / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット